SysCom 有限会社シスコム

ユニークな各種センサ・計測システムを提供
温湿度・加速度・熱電対・歪・触覚・風速・粘度・無線 等
お電話・メールでのお問い合わせはこちら
03-6907-9105
info@syscom-corp.jp

製品案内

樹脂材料・CFRPプロセスモニタリング

CFRP生産プロセス モニタリング及び品質管理

OptiMold / OptiFlow システム
樹脂の到達、硬化度進行、樹脂粘度、混合比率や樹脂品質
RTM、VaRTM、オートクレーブ等でのインラインモニタ
イメージ
製品概要

安定したコンポジット製品の製造においては、リアルタイムのプロセスモニタリングとコントロールは大変重要な要素になります。
そのためには、モールド成形材料の状態をモニタリングする耐久性及び信頼性のあるセンシング技術と生産を効率良く制御するためのツールが必要になります。多様なマトリックス、バッチ間の変動や小スケール生産などを自動的に対処できる情報を供給することが必要です。
多くの研究機関と協力して開発されたこのOptiMold/Optiflowシステムは、自動車、航空機、風車や建設構造物、船舶などのRTM / VaRTM成形、真空注入や注型などのプロセス等にも適用されています。

特長
  • 樹脂の品質チェックとプロセス管理
  • 重要な場所での樹脂の正確な到達検知
  • センサフィードバックによるバルブの開閉
  • 粘度変化のモニタ及び加熱開始の決定
  • 最小粘度の認識と加圧タイミングの決定
  • 予期しないイベントの検知とその対策
  • シュミレーションの精度向上と設計の知的戦略化
  • 時間ではなく、Tgや硬化度(樹脂に依存)に基づく硬化サイクルのリアルタイムでの決定
  • コンパクト、無線化、高速測定、多様なセンサ・・・
用途例
用途に応じた各種センサ(金型マウント、使い捨て、混合比率、カスタム・・・・)
  • イメージ
コンポジット生産の知的自動化イメージ
  • イメージ
真空注入テスト例(大サイズのCFRPパーツ)

硬化センサ6個使用(構造物の真空注入試験)パーツ寸法 3x2x2m

複数のOptiMold、OptiFlowユニットを用いて多点で樹脂の到達検知、粘度変化、硬化進行、温度等のリアルタイム測定

  • イメージ
  • イメージ
Light-RTM成形プロセス例(加熱なしのコンポジットツール)
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
CFRPのRTM生産における品質コントロール例(カーボン/エポキシ)
  • @出口ゲート

    @出口ゲート

  • @入口ゲート

    @入口ゲート

  • @入口ゲート
オンラインでのTg計算
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
射出時間への温度の影響
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
離型タイミングに及ぼす混合比率の影響
  • イメージ
  • イメージ
プロセスモニタリングによるサイクルタイムの削減

非等温での硬化例:最初がモニタリングのみ、次がキュアサイクルの最適化の実施、最後は樹脂注入温度の低減

液状コンポジット成形やプルトルージョンは高品質のコンポジットパーツ成形において、高サイクルタイムなどメリットがありますが、その生産サイクルは製造者の巧みなプロセス特定化に依存します。オンラインのプロセスモニタリングによりシステムのチューニングも可能になりサイクルタイムの短縮化も可能になります。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
主な顧客や研究開発協力機関
  • イメージ
動的粘弾性測定装置
Page Top