SysCom 有限会社シスコム

ユニークな各種センサ・計測システムを提供
温湿度・加速度・熱電対・歪・触覚・風速・粘度・無線 等
お電話・メールでのお問い合わせはこちら
03-6907-9105
info@syscom-corp.jp

製品案内

レーザー計測装置

3D MEMS用振動・変位解析装置

MEMSMap 510
高周波数240MHzまで対応
位相情報も含めてリアルタイムで確認可
1nmから測定可能
イメージ
製品概要

メムスマップ510は微小測定物(0.1mm以上)の振動変位解析をCCDカメラと顕微鏡レンズを用いて行います。
測定物にレーザーを照射し、測定物より反射されたレーザーと内部レファレン スレーザーとの間で干渉縞を作成します。この干渉縞を高精度の顕微鏡レン ズとCCDカメラで画像処理ボードを通して、デジタルデータとしてPCに取り込み ます。メムスマップは測定物の振動と変形を、リアルタイムモードおよび位相 変調法の2つの異なる手法で測定することができます。
リアルタイムモードでは、振動と変形量を測定物イメージ上にフリンジパターン (等高線図)でオーバーラップさせて表示します。周波数をスウィープすることにより共振点の振動モードを容易に観察することができます。
また位相変調法を用いると、振動モード、変位モードをアニメーションや3Dプロットで表示することができるので、非常に優れた定量的および定性的な振動・変位解析を行うことができます。

特長
静的変形測定

下図は寸法3×3mmのシリコンメンブレンのガス圧力により変形されたときの 変位モードです。リアルタイムで測定物上にフリンジパターンをオーバーラップ し変位量が表示されるので、変位解析が簡単に確認できます。
測定感度は位 相変調法を使用することにより、約1nmに高めることができます。

  • イメージ
シングル周波数振動測定(高周波対応 最大1GHz)

下のアニメーションは超音波部品14.3MHz & 水晶振動子4.1MHzでの振動モードの3Dプ ロット例です。
この3Dプロットは実際の振動 状態の位相情報も含まれており、位相情報 を0から2πまで変化させることにより、測定物の振動状態をアニメーションで確認すること ができます。
振動測定で位相変調法を使用するとき、マイクロマップは測定物の加振周波数も同様にコントロールし、振動振幅は約1nm,周波数範囲は数百メガヘルツまで測定可能です。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
基本仕様
大きさ・寸法 0.1x0.1mm~3x3mm
最小振動振幅範囲 1nm
最小変位振幅範囲 1nm
測定周波数範囲 30Hz以上~無制限
位相変調法使用時 240MHz
測定対象体温度 -50℃~1500℃
動的粘弾性測定装置
Page Top