VibroMap1000

測定事例

航空機エンジン内のタービン・ブレード振動測定例

VibroMap1000 航空エンジン 飛行機 タービン ブレードの振動測定例
航空エンジン 飛行機 タービン ブレードの振動測定例 VibroMap1000

航空機エンジンは何重もの安全対策を講じて、事故発生を予め防ぐあらゆる取り組み行っています。特にタービン・ブレードの振動測定はブレードの破損防止や品質の維持、安全運航上とても重要です。飛行機のように最大限の安全確保が必要な航空機エンジンは内部の全てブレードを振動測定する必要があります。弊社取扱いのVibroMap1000は非接触、短時間で1箇所のみの測定だけではなく、面全体で測定することが可能です。通常、大きな構造物では加速度ピックアップを複数個取り付け、モーダル解析を行いますが、加速度ピックアップの僅かな重量により、振動モード自体が変化してしまいます。タービン・ブレードのような高周波の振動モード解析では限られた数の加速度ピックアップのみでは測定が困難と言う問題があります。VibroMap1000はスペックル干渉とCCD カメラを利用し、レーザー光を測定面全体に照射し、振動状態をリアルタイムで測定することが可能であり、計測、整備時間の短縮に非常に有用です。

タービン・ブレード測定データ

VibroMap1000 航空エンジン 飛行機 タービン ブレードの振動測定例
航空エンジン 飛行機 タービン ブレードの振動測定例 VibroMap1000

振動アニメーション

面圧センサ スマートウォッチ 時計リストデバイス 触覚アレイセンサ 着用

触覚アレイセンサの関連製品